急成長企業がワークフローを早期に導入すべき4つの理由

急成長を遂げている企業ほど、申請周りの体制整備を疎かにしているケースは少なくありません。
本ページでは、急成長企業にワークフローシステムの早期導入をオススメする理由をご紹介します。

理由① 稟議/決裁の内容を整理できる

稟議決裁をメールやチャットで行っている企業は注意しなければいけません。企業の成長に合わせて新しいメンバーがどんどん増えてくると、稟議の数も増え、承認した内容を全て把握することが難しくなります。
従業員目線では、稟議の必要可否の基準が曖昧になり、把握していないプロジェクトが知らない内に進んでいることも発生します。

稟議のルールを定め、稟議・決裁内容を整理していくためにもワークフローシステムは有効です。

理由② 過去の稟議内容を簡単に取り出せる

メールやチャットで申請を管理している場合、従業員数の増加に伴い、内容を把握し辛くなっていくだけでなく、過去の情報を遡って確認する場合に大きな手間と時間が発生します。

ワークフローシステムの導入により、過去の申請書も条件を指定して簡単に検索することができるため、申請の管理が大幅に楽になります。監査時にエビデンスの提出を求められた場合など、今後の企業の成長に備え、早い段階で情報管理を整備しましょう。

理由③ 様々な申請書を作り、社内の状況を見える化する

稟議決裁に限らず、業務の依頼や報告等、申請書は様々な用途で使われています。これらにより社内状況の整理と見える化、さらには業務改善に向けた分析に使われるケースもあります。

ジョブカンワークフローでは、会社でよく使われている申請書のテンプレートを多数ご用意し、簡単に新しい申請書を追加できる機能をお用意しております。会社の拡大に備えて、ワークフロー体制の整備をお奨めします。

理由④ 後から導入するよりも圧倒的に工数を抑えられる

組織が小さい場合、承認経路はシンプルな場合が多く、巻き込む従業員数も少ないので、ワークフローシステムの導入に大きな工数は発生しません。何か新しい申請書を作る場合も、シンプルに運用をスタートし、トライアンドエラーを検証できます。一方で、組織が大きくなると、システム導入時に巻き込む従業員数も増え、承認フローの詳細な設計等、考えるべきことが多くなります。

組織規模が大きくなる前に、まずは簡単なワークフローを運用しながら、状況に合わせて都度対策していくことで、規模の拡大に合わせて適切な運用を構築できます。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは多くの急成長企業にご利用いただき、事例を掲載させていただいております。
「使いやすく、⾼機能で安い」という優れたコストパフォーマンスで ご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。