経費精算にも対応したワークフローを導入する4つのメリット

ワークフローと経費精算、どちらも同じ「申請と承認」を行うにも関わらず、
多くの企業がそれぞれの専門サービスを使っています。
ワークフローと経費精算を一つのシステムで実現できるサービスを利用することのメリットをご紹介します。

経費精算にも対応したワークフローのメリット① ログイン情報の管理が簡単に

申請内容に合わせて「稟議書はA、経費精算はBのシステムにログインする」という運用は利用者にとって非常に煩わしいです。
また、パスワードに関しても各サービス毎に設定する必要があることも大きな課題です。システム管理者の目線では、全従業員に対して複数のログイン情報を持たせる管理体制は避けたいと考えられる方が多いのではないでしょうか。
さらには、ワークフローと経費精算でシステムを分ける場合、部署異動や組織編成の変更が発生した際に、両サービスで人事情報を変更する必要があり、余計な工数が発生します。
ワークフローと経費精算を一つのシステムで運用することで、これらの課題を全て解決できます。

経費精算にも対応したワークフローのメリット② 共通の操作で申請・承認が可能

申請や承認はどちらのシステムでも共通した操作にも関わらず、サービス毎に操作方法が異なることは従業員にとって大きな負担になります。加えて、初めてサービスを利用する従業員には、操作説明を各サービス毎に行う必要があります。
ワークフローと経費精算が一つのサービスでまとまっていることで、共通の操作で全ての申請や承認を行うことができ、シンプルな運用を実現できます。

経費精算にも対応したワークフローのメリット③ 申請間の紐付けを柔軟に対応できる

ワークフローと経費精算の両システムを導入検討されている企業の多くが、「稟議申請と経費精算の紐付け」に注目します。経費精算単体のシステムの場合、柔軟なワークフローの機能を搭載していないため、稟議申請の仕組みを実装できないことが多いです。
ジョブカンワークフローは、過去の稟議申請を経費精算に紐づけて申請を行うことが可能です。紐付けは1対1だけでなく、1対複数でも対応できますので、あらゆるケースに対応できます。

経費精算にも対応したワークフローのメリット④ 導入・運用コストを抑えられる

ワークフローと経費精算が一緒になっていることで、検討時にはワークフローしか導入するつもりがなくとも、運用開始して一定期間が経過した際に、経費精算も追加導入するケースが非常に多いです。
前述の通り、全く同じ画面なことから従業員に馴染んでおり、コスト的にも新しいシステムの導入コストと比べて、圧倒的に安価に抑えて導入できることが大きな理由です。
ジョブカンでは、業界最安値クラスの料金で提供している上にセットでご利用いただくことで利用料金を割引しております。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは、ワークフロー単体、経費精算単体のサービスとしても高いクオリティを誇り、
それらを組み合わせることによってさらなる価値を提供するクラウドサービスです。
「使いやすく、⾼機能で、安い」という優れたコストパフォーマンスで ご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。