導入前に必ず確認しよう! ワークフロー選定のコツ

導入後に後悔しないために、ワークフローシステム導入担当者が選定時に気をつけるべき点をご紹介します。
中長期で利用するワークフローシステムだからこそ、慎重に選定を進めましょう。

導入前に確認すべき点① 社内の承認ルートをシステムに反映できるか

導入前に、社内の承認ルートをワークフローシステムに反映できるか、必ず確認しましょう。そのために、まずは社内の申請書ごとにどのような承認ルートになっているか、整理する必要があります。「申請書ごとに異なる承認ルートを設定できるか」「金額や選択肢に応じて承認ルートを分岐させることができるか」「内容によって承認ルートを途中で変更できるか」など、社内の運用をきちんとワークフローシステムでも実現できるか、確認しましょう。

導入前に確認すべき点② 管理者にとって設定が簡単にできるか

ワークフローシステムの設定方法が難しく、一部のメンバーしか使いこなせないと、設定変更などの業務が属人化してしまい、「そのメンバーが部署異動や退職をしてしまうと誰もシステムを触れない、、 」という状況に陥ってしまうことがあります。
そのため、ワークフローシステム選定時には「直感的に操作でき、誰でも簡単に使いこなせるどうか」を見る必要があります。
導入担当者だけでなく、実際にワークフローシステムの管理担当になりうる複数人の方に実際にシステムを触ってもらい、運用できそうかどうか感触を聞いてみましょう。

導入前に確認すべき点③ 従業員(申請者・承認者)が迷わず使えるか

ワークフローシステムの操作が不明瞭で、直感的に操作できないと、従業員から管理者への問い合わせが頻発したり、ワークフローシステムがなかなか従業員に浸透しないなどの問題が発生します。ワークフローシステムの導入となると、管理者目線で決めてしまいがちですが、実際に日々ワークフローシステムを使うことになる申請者・承認者にとっても使いやすいサービスかどうか、事前にきちんと確認しましょう。導入前に社内でテスト運用を行い、申請者・承認者の生の声を聞くとよいでしょう。

導入前に確認すべき点④ 組織変更時も問題なく運用を回せるか

部署異動や退職・入社など、組織の形は一定ではなく、日々入れ替わります。そのため、ワークフローシステムにおいても、組織変更が行われることを前提に、選定を行う必要があります。組織変更が行われる度に、ワークフローシステムの設定変更に大きな手間がかかるようであれば、そのシステムを選ぶことは賢い選択とは言えないでしょう。組織変更が行われてもスムーズにワークフローシステムに変更を反映できるかどうか、事前にしっかりと確認し、運用イメージを明確に持てるようにしましょう。

導入前に確認すべき点⑤ 運用にかかる、詳細の料金を把握しましょう

クラウド型のワークフローシステムの場合、初期費用、ユーザ数に応じた月額料金、月額固定費、サポート費用などが発生します。その他にも、「ファイル容量制限がああり、上限超過後は従量課金」「使いたい機能がオプション機能で別料金」など、細かなポイントで費用発生するケースもあります。こうした詳細のケースを把握した上でシステム選定をしないと、運用開始後に「想定よりコストが高い・・」と後悔することになります。ワークフローシステムは、中長期で使用するシステムのため、月々の運用コストが安ければ安いほど良いことは言うまでもありません。ワークフローシステム選定の際は、サービスごとに詳細の費用条件を調べた上で、判断しましょう。

導入前に確認すべき点⑥ 導入前に実際にサービスを触ってみましょう

総じて、ワークフローシステムの選定を誤る多くの原因は、「ワークフローシステムを実際に触ったことがないまま、導入判断をする」ことにあります。導入決定後になって初めてシステムに触るから、想定外のことが起き、現場も混乱し、ワークフローシステムで業務効率化を実現するはずが、却って業務煩雑化を招いてしまいます。導入する前に、お試し用のデモアカウントなどで必ずそのワークフローシステムを触りましょう。そして、期待していることが実現できるか確かめましょう。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは、稟議申請や捺印申請など、社内のあらゆる申請に対応したクラウドワークフローシステムです。
「使いやすく、⾼機能で、安い」という優れたコストパフォーマンスでご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。