オンプレミス型システムから切替を検討すべき3つの課題

オンプレミス型からクラウド型のワークフローシステムに切替を検討すべきポイントをご紹介します。
中長期で利用するワークフローシステムだからこそ、切替が成功したときのメリットは大きくなります。

切替を検討すべき課題① オンプレミス型なのでワークフローのメンテナンスが大変・・

オンプレミス型のワークフローシステムの場合、システムの保守運用や障害対応は、自社で行わなければなりません。そのため、そちらに時間をとられ、本業になかなか注力できない、という方も多いのではないでしょうか。
クラウド型のワークフローシステムであれば、クラウド事業者側が全て対応するため、「メンテナンスは一切不要」で、「機能もどんどんアップデート」してくれます。
自社システムの保守運用や障害対応にお悩みであれば、是非クラウド型のワークフローシステムへの切替を検討しましょう。

切替を検討すべき課題② オンプレミス型なので社内からしか申請・承認できない・・

今、ご利用中のシステムに対して、「外出先からも申請・承認をしたい・・」「出張から戻ると申請がたまっている・・」そんなお悩みありませんか?
クラウド型のワークフローシステムであれば、インターネット環境があれば、PC・スマホからいつでもどこでも申請・承認ができます。営業先からも、出張先からも、交通費精算や承認がサクサクできます。
申請・承認業務を効率的に行えていないことについてお悩みであれば、クラウド型のワークフローシステムへの切替も検討してみましょう。

切替を検討すべき課題③ オンプレミス型なのでセキュリティ対策が大変・・

オンプレミス型のシステムをご利用の場合、セキュリティ対策も当然自社で行っていく必要がありますが、そこに対して十分なリソースは割けていますか?オンプレミスであれば必ず安全というわけではなく、オンプレミスのデータセンターからの情報漏洩事件も多々発生しているように、自社でしっかりと対策をしていく必要があります。
一方、クラウドサーバーの事業者は、セキュリティ対策を本業として行っており、セキュアな体制を整え、改善し続けています。
自社でセキュリティ対策を行う体制が整っていなければ、クラウド型のワークフローシステムへの切替も検討してみましょう。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは、稟議申請や捺印申請など、社内のあらゆる申請に対応したクラウドワークフローシステムです。
「使いやすく、⾼機能で、安い」という優れたコストパフォーマンスでご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。