ワークフローシステムでクラウドを選ぶメリット

ワークフローシステムは、大別すると「オンプレミス」「クラウド」の2種類に分けられます。
このページでは、オンプレミスとクラウドの違い、そしてクラウドを選ぶメリットについて説明します。

ワークフローシステムの種類

ワークフローシステムは、大別すると「オンプレミス」「クラウド」の2種類に分けられます。以前はオンプレミスが主流でしたが、
近年では、保守性・コストパフォーマンスの高さから、クラウドサービスが多く普及するようになってきました。

オンプレミスクラウド
コスト初期費用が高額。長期間継続利用が前提。低コストでスタート可能。初期費用無料が一般的。
カスタマイズ自社の要望により細かくカスタマイズ可能。オプション設定により、ある程度はカスタマイズ可能。
バージョンアップ費用が発生する場合が多い。基本的に無償でアップデート。
障害対応自社で対応するか、保守要員が対応する。クラウド事業者がインターネット経由で対応する。

クラウド型ワークフローシステムのメリット① スマホから申請・承認

クラウド型ワークフローシステムの大きな特徴として、インターネットに繋がっていれば、ご利用のPC・スマホからいつでもどこでも申請・承認を行うことができます。外出中でも申請・承認を行えるため、承認までにかかる時間を短縮できます。
また、サービスによっては、ユーザや役職ごとにIPアドレス制限を設けることもできるため、セキュリティも安心です。

クラウド型ワークフローシステムのメリット② 無償でどんどんアップデート

クラウド型ワークフローシステムであれば、機能のバージョンアップも基本的に無償で行われます。
バージョンアップの早いシステムであれば、利用顧客の声も聞きながら、機能改善が随時行われるため、どんどん使い勝手のよいサービスになっていきます。オンプレミスでは費用が発生する場合が多いので、大きな違いとなっています。

クラウド型ワークフローシステムのメリット③ 障害対応は自社で行う必要なし

オンプレミスの場合、障害が発生した場合は、自社で対応するか、保守要員が対応する必要がありますが、クラウド型ワークフローシステムであれば、その心配もありません。クラウド事業者がインターネット経由で対応するため、無駄なコストもかかりません。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは、稟議申請や捺印申請など、社内のあらゆる申請に対応したクラウドワークフローシステムです。
「使いやすく、⾼機能で、安い」という優れたコストパフォーマンスでご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。