ワークフローシステムの基本機能・便利機能

ワークフローシステムには、紙では実現できない、システムならではの便利な機能がたくさんあります。
このページでは、ワークフローシステムの基本機能・便利機能をご紹介します。

ワークフローの基本機能① フォーム(申請書)の作成

ワークフローシステムで使用する申請書フォーマットを作成する機能です。申請書の項目ごとに、テキスト・数字・ラジオボタン入力など、多彩な入力形式を設定できます。必須設定や入力制御機能により、申請ミスや漏れを防止する機能があるのもワークフローシステムの一つの特徴です。システムによっては、申請書テンプレートも用意しているため、申請書の作成も簡単に行えます。
フォームの作成・更新のしやすさは、製品選定における一つの重要な指標となります。

ワークフローの基本機能② 承認経路の設定

申請がされてから、最終承認されるまでのステップを設定することができます。
承認者の設定は柔軟にでき、「申請者が所属する部署の上長」など、申請者に応じて承認者を適切に設定することができます。
同じ承認ステップにおいても、承認者を複数名設定でき、「誰か1人が承認」「全員の承認が必要」など、企業の運用に合わせて、柔軟に承認ルートを設定できます。

ワークフローの基本機能③ 承認・差し戻し機能

申請者からの申請内容を承認・差し戻し・却下をする機能です。
「誰がいつ承認したのか」がすべて記録されるため、内部統制も強化できます。
また、システムによっては、承認・差し戻し・却下時に、合わせてコメントをつける機能もあるため、判断の理由を証跡として残すこともできます。

ワークフローの便利機能① 申請書の検索機能

紙の場合、過去の申請書を探す際、キャビネットから1件1件探す必要があり、時間がかかってしまいます。
ワークフローシステムであれば、申請日や申請者、申請書内の情報など、様々な条件で申請書を簡単に検索することができます。監査への対応もスムーズになり、コンプライアンス強化につながります。

ワークフローの便利機能② 承認経路の分岐機能

システムによっては、申請時の金額や入力項目により、承認経路を分岐させることができます。例えば、10万円以下だったら部長決裁、10万円以上だったら社長決裁など、柔軟に設定することができます。
申請者が申請項目を入力するだけで、システムが承認ルートを自動で分岐してくれるため、申請者は迷わず簡単に申請できます。管理者にとっても、社内の申請ルールを徹底させることができ、内部統制の強化にもつながります。

ワークフローの便利機能③ 多彩な通知機能

申請や承認がされた時、関係者に自動でメールが送られ、申請にすぐに気づけます。システムによっては、メールだけでなく、チャットアプリ(Slack・ChatWorkなど)やスマホに通知させることも可能です。また、承認期限が迫っている申請や承認放置されている申請があれば、アラート通知させることもできるため、承認漏れを減らすことができます。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは、稟議申請や捺印申請など、社内のあらゆる申請に対応したクラウドワークフローシステムです。
「使いやすく、⾼機能で、安い」という優れたコストパフォーマンスでご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。