ワークフローシステム導入で何が変わるのか?

ワークフローシステムの導入により、何がどのように変わるのでしょうか。このページでは、
申請者・承認者・管理者のそれぞれの観点から導入後の変化についてご説明します。

申請者:申請書毎に承認経路が可視化され、迷わずかんたんに申請

紙の場合、申請書によって承認ルートがバラバラでわかりづらい・・といったお悩みはありませんか?ワークフローシステムであれば、申請書毎に承認ルートが自動設定されているため、迷わずかんたんに申請できます。また、申請書の承認状況も可視化されるため、どこで承認が止まっているかも一目でわかります。

承認者:外出先であっても、いつでもどこでも承認!申請ミスも大幅減少

紙の場合、会社に戻らないと承認作業を行えませんが、クラウド型のワークフローシステムであれば、外出先からもいつでもどこでも承認を行えます。申請書項目の必須設定や入力制御機能など、申請ミス・漏れを防ぐ仕組みも多数用意しているため、申請ミスも大幅に削減されます。

管理者:内部統制が強化!申請書検索もかんたんにでき、監査対応もスムーズに。

ワークフローシステムでは、「誰がいつ承認したのか」がデータとしてすべて記録されます。正しいルートで承認されたかどうかも一目瞭然となり、内部統制を強化できます。また、ワークフローシステムであれば、申請日や申請者、申請書内の情報など、様々な条件で申請書を簡単に検索でき、紙やデータへ出力することもできるため、監査への対応もスムーズになります。

いかがでしたでしょうか?

ジョブカンワークフローは、稟議申請や捺印申請など、社内のあらゆる申請に対応したクラウドワークフローシステムです。
「使いやすく、⾼機能で、安い」という優れたコストパフォーマンスでご好評いただいております。
30日間無料ですべての機能をお試しできるトライアルを提供しています。
少しでも興味がございましたら、一度お試しください。