導入事例 – 日本クラウドキャピタル様

「所属部署や金額に応じた承認フローが設計できるので、特殊な申請内容でない限り、申請者が承認フローを変更する必要がなくなりました。」

管理部 中西 仁志様、高橋 ゆか様、石塚 沙紀様

ジョブカン導入前はどのような課題感がありましたか。

もともと別のシステムを導入していたのですが、承認フローを申請者がその都度設定しなければならず、人によってフローが違っていました。また、パソコンに慣れていない従業員もいて、複数のツールを使いこなすのが難しかったり、デザインや操作性も直感的でないと浸透しないという課題もあったため、シンプルで使いやすいシステムを探し始めました。

ジョブカンにした決め手はなんですか。

ジョブカンワークフローは安価ながらカスタマイズしやすく、組織マスタと経路を整えれば自社の組織図に沿ったワークフローが設計できると思いました。また、デザインや操作性もよく、どの従業員も簡単に使えると感じました。経費精算についても、使用している会計システムに仕訳データを連携できる機能がついていて便利なためジョブカンを選びました。

導入時に大変だったところはどこですか。

初期設定は本当にスムーズでした。当初、マニュアルを見ながら頑張って設定するイメージがあったのですが、システムを見てみたら分かりやすく使い勝手も優れていたので、「こう設定すればいいのかな」と触っているうちに完了しました。どうしてもわからない部分は、ヘルプページを見て勉強していましたね。また、サポート窓口のチャットでよく質問していたのですが、的確な回答をもらえたうえ、あとからまとめた回答をメールでも送っていただき助かりました。


「ジョブカンはシンプルなのでパソコンに慣れていない従業員でも簡単に使えます。」

導入はスムーズに行えましたか。

あまりサポート窓口を使うこともなく、色々なボタンを押して実際に触りながら機能を覚えていきました。自社の組織図に沿って設定したのですが、「こういう風に設計したい!」と直感的に操作できたので楽しみながら導入を進めることができました。実際に使用する従業員からの問合せが少なくなるように配慮しながら画面設計をしましたね。

従業員の方の反応はいかがでしたか。

導入時にマニュアルを作成し、説明会を実施しました。現在は、入社のタイミングで操作方法の説明をしています。一度申請の流れを説明すれば運用していける使いやすさが良いですね。


「会計ソフトとの連携のためのカスタマイズもスムーズにできました。」

導入後の運用状況はいかがですか?

社内の決裁フロー(押印申請、備品購入、出張申請、採用稟議、経費稟議、人事関連稟議等)と経費精算は、全てジョブカンで運用しています。ジョブカン勤怠管理、労務管理、給与計算、採用管理も合わせて利用していますのでツールを一元化でき、デザインもわかりやすいため新入社員やパソコンに慣れていない従業員も運用しやすくなりました。また、所属部署や金額に応じた承認フローが設計できるので、特殊な申請内容でない限り、申請者が承認フローを変更する必要がなくなりました。これは内部統制上でもとても重要です。監査を受ける際にジョブカン経費精算と使用している会計ソフトの連携・設計を工夫することで簡単に突合できしやすいように工夫しました。

株式会社日本クラウドキャピタル
株式会社日本クラウドキャピタル
所在地
東京都品川区東五反田5丁目25番18号
設立
2015年11月26日
事業内容
国内初の株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』を運営(https://fundinno.com/)。非上場株式の発行によりインターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。この仕組みによって個人がエンジェル投資家となってIPOやバイアウトを目指す企業の成長を支援することが可能になります。「FUNDINNO」で取り扱っている案件にはプロの投資家が投資をしている案件も多く、その成長性に期待ができる企業を掲載しています。また、企業の選定においては金商法で定められた項目を中心に厳正な審査を行っています。株式投資型クラウドファンディングにおける取引量は現在日本一で、今後もサービスをより拡大していきます。
ウェブサイトURL
https://www.cloud-capital.co.jp/