050-3160-0303
10:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝除く)

導入事例

ホーム導入事例株式会社ラフール

株式会社ラフール

株式会社ラフール

株式会社ラフール 
会社URL: http://www.lafool.co.jp

管理本部 本部長 CFO
松村 真悟さん

主にBtoB向けメンタルヘルステック事業を行っています。具体的には、メンタル・フィジカル・エンゲージメント・職場環境から組織状況を分析、可視化できるツール「ラフールサーベイ」や、国内で唯一、内閣府認可団体からの認定を受けた研修提供など、メンタルヘルスの「分析」から「課題解決」までワンストップでサービス提供しており、企業の健康経営や組織改善をサポートしています。

課題

  • 社員が15名を超えてきたあたりから管理が煩雑になってきた
  • 社内稟議のフローが確立されていなかった

決め手

  • 使いやすい
  • 勤怠管理システムと連携している
  • IPOに対応している

効果

  • 外出中でもスマートフォンから承認できるので、稟議を止めることなくスピーディに進められる
  • 決裁者本人のログイン情報と、承認された日時がわかる
  • 稟議決済では承認履歴を見返すことができ、IPO準備に対応できている

報道番組「真相報道バンキシャ!」にも取材された福利厚生をジョブカンで運用中!

ジョブカン導入前はどのような課題感がありましたか。

松村さん社員が15名を超えてきたあたりから管理が煩雑になってきました。それまでは勤怠は口頭での申請・承認で、社内稟議についてもフローが確立されておらず、稟議事項が承認なく進むことがありました。そこで勤怠管理とワークフローの構築が必要だと感じるようになりました。

ジョブカンにした決め手はなんですか。

松村さんこれまでIPO(新規上場)を目指す会社を何社か経験していまして、その準備の際に社労士の先生や色々なサービス担当者から話を聞いてきたので基本的な内容は知っていました。その中でジョブカン勤怠管理は、打刻方法が豊富にあり、デザインがわかりやすく、また管理がしやすそうだと感じ決めました。

ワークフローも手間のかからないクラウド型で探していて、使いやすさと、勤怠管理と連携できる点が決め手でした。

導入時に大変だったところはどこですか。

松村さんやはり、勤怠管理のみなし残業の設定や、社員個々の個人情報入力、短時間有休消化といった会社独自制度の登録・設定が大変でしたね

運用までどのくらいの期間必要でしたか。

松村さん勤怠については2~3ヶ月ですね。最初は管理部で試運用してみて、その後全社で運用していきました。出てくる勤怠データを給与計算ソフトに入れるにはどうするか…など、サポート窓口を活用しながらテストしていきました。

ワークフローは承認フローの設定や並べ替えを直感的に行えたので初期設定はやりやすかったです。申請書のフォーマットを紙で作ろうとすると時間と工数がかかるので、WEB上でカスタマイズしてすぐ実行できるというのはかなりメリットでしたね。

『勤怠管理とワークフローを一元管理できることで、IPOに向けて万全な体制を整えています。』

導入後のご状況を聞かせてください。

松村さん勤怠は、各社員の交通ICカード、営業はGPSで打刻するようになりました。

ワークフローは、権限を各部長に与えて、稟議の履歴が残り、メールで「承認してください」とアラート飛んでくるという仕組みが便利です。外出中でもスマートフォンから承認できるので、稟議を止めることがなくスピーディに進められるところがメリットです。紙での稟議だと、どうしてもその人がいないと承認できないので。

弊社はIPOを目指しているのですが、ワークフローは決裁者本人のログイン情報と、承認された日時がわかりますし、稟議決済については承認履歴が残っているので、十分対応できていると思います。

貴社の充実した福利厚生もワークフローで運用中とお伺いしました。

松村さんそうですね。日本テレビ「真相報道バンキシャ!」をはじめとした全国放送の番組で、福利厚生の一部である「花粉症手当」が取り上げられました。そのほか小さな子供を持つ社員の勤務時間を調整する「夜泣き手当」などもあります。採用の観点だけでなく、社員の定着度を高める意味でも力を入れています。取締役副社長CVOを中心に、ほかにないオリジナリティな福利厚生制度を取り入れています。
これらの申請・承認もワークフローで現在行っていて、これまでは承認まで1日程度かかっていたものが10~20分で完了するようになりました。申請を出してから実行までの時間を短縮することができましたね。     

今後どのように運用を広げていきたいですか。

松村さんワークフローに関して、現在運用している申請書が20種類ほどあるのですが、今後は採用や予算の最終決裁のためのフローとしても使おうと思っています。

『今後は採用や、予算の最終決済にもワークフローを使用していきたいです。』

検討中のお客様に向けてメッセージをお願いします。

松村さん勤怠、ワークフローなど複数サービス使用すると情報が一元管理できるので、そこが大きなメリットです。また、自社でデータを持つことはリスクでもあるので、クラウドに履歴とデータをためていき、何かあったら復旧してもらえるという安心感もあります。

ご利用登録は1分で完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単登録ができます

お電話 お問い合わせ窓口
10:00~12:00、13:00~17:00(土日祝除く)
メール お問い合わせ窓口
随時受付中